303月/160

Sublime Text プラグイン

3月 30th, 2016

久しぶりな投稿。

これまでは

・保存に管理者権限が必要ないテキストファイルの編集
 ->通常モードで起動した秀丸
・保存に管理者権限が必要なテキストファイル(hostsなど)の編集
 ->管理者モードで起動したnotepad++
  (ショートカットのプロパティ設定で「管理者として実行」をチェック)

などの使い分けをしていた。

これはWindowsの仕様だと思われるが、同一テキストエディタを通常モードと管理者モードの2つのモードを持つテキストエディタ(プロセス)を同時に起動できないためだった。

会社が変わり秀丸のライセンスも無くなったことから最近はSublime Textを利用している。(Sublime Textも有償だが、、、)
そこで、Sublime Textのプラグインを駆使することで、2種類のテキストエディタを使い分けることなく通常のテキストファイルもhostsのようなテキストファイルも編集できないか調べてみた。すると以下のような2つのプラグインを見つけた。

■ hostsファイルの編集を容易にするプラグイン
martinssipenko/SublimeHostsEdit: Open and edit hosts file quickly
https://github.com/martinssipenko/SublimeHostsEdit

■ 管理者モードが必要なテキストファイルの保存を行えるようにするプラグイン
Superlime – Packages – Package Control
https://packagecontrol.io/packages/Superlime

これでhostsファイルの編集が容易になった。

PS.
apacheの設定でVirtualHost設定のテストをローカルで実施する時にhostsファイルを編集して動作確認をするので、hostsファイルを編集する機会が結構多いのよね。

1311月/141

SonicWALL NSA 250 + SonicWALL Global VPN Clientで、「The peer is not responding to phase 1 ISAKMP requests」エラーになる件

11月 13th, 2014

SonicWALL NSA 250にGlobal VPN Clientを使用してリモートアクセスするための設定と接続確認を行った際に、「The peer is not responding to phase 1 ISAKMP requests」が出た。

色々と調べて試すも一向に改善する気配がない。
サイト間VPNは問題なく行えているので、サイト間VPNのIKE鍵交換周りのログと比べてみることに。
そこで一旦、サイト間VPNを切断し、再接続時のログを取得する。
そしてGlobal VPN Clientでの接続時のログを取得しようとしたら、、、繋がった!!
張りっぱなしだった既存のサイト間VPNの接続が影響していたっぽいが、、、なんだそりゃ。

[以下、設定内容についての参考]

Dell SonicWALL GVC GroupVPN Configuration – YouTube
ttps://www.youtube.com/watch?v=6EMtpi-U8PA

む、YoutubeのURLを張ったらインライン表示になるんだね。それが主目的ではないので、URLを、、、

キヤノンITソリューションズ:UTMアプライアンス/次世代ファイアウォール「SonicWALL(ソニックウォール)」:サポート情報
ttp://canon-its.jp/cgi-bin/sonic_faq.cgi?faq_id=UTM2009&model=UTM

[The peer is not responding to phase 1 ISAKMP requests に関する情報]

もうページを閉じてしまっていたし、再度このメッセージで検索すればヒットすると思われるので省略。

2810月/140

クライアント側でKeepAliveを設定していてもSSHの接続が時々切れる件

10月 28th, 2014

とあるサーバーへのSSHの接続が時々切れる。無通信状態になったからという訳でもなく、ガシガシと使っている時でもブツッと。色々調べてみてもヒットするのはクライアント側のKeepAliveの設定の話だけだったのだが、ふとした拍子にNAT環境下ではルーターのセッション数制限に到達して切れることがあるという記事を見つけた。

[ルーター] -> [グローバルサーバー(接続対象)]

事象が発生する環境は上記のような構成で、ルーターではNAT/マスカレード機能は利用していたのだが、SSHで接続する対象サーバーはグローバルサーバーだったので関係なさそうではあったのだが、ルーターのNATのセッション数に関する設定を調べ試してみた。(ちなみにルーターはYAMAHAのRTX1200)

---- 従来(デフォルト)
nat descriptor timer 1 900
nat descriptor timer 1 tcpfin 60

* 指定無しの場合は、上記と同意。

---- 変更後
nat descriptor timer 1 120
nat descriptor timer 1 tcpfin 3

TCPのFINは接続の終了を示すので短くても良いよね、ってことで3秒程度にしてみた。
ブチブチ切れていたのが、ここ6時間ほどはキープできている。

1712月/130

CentOS6 + zabbix : yum updateしたらrepomd.xmlが404 Not Foundになる件

12月 17th, 2013

サーバーの更新をしようとyum updateしたら、

[root@server yum.repos.d]# yum update
Loaded plugins: downloadonly, fastestmirror, priorities
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: www.ftp.ne.jp
* extras: www.ftp.ne.jp
* updates: www.ftp.ne.jp
http://repo.zabbix.jp/zabbix/zabbix-1.8/rhel6/i386/repodata/repomd.xml: [Errno 14] PYCURL ERROR 22 – “The requested URL returned error: 404 Not Found”
Trying other mirror.
Error: Cannot retrieve repository metadata (repomd.xml) for repository: zabbix-jp. Please verify its path and try again

という感じでエラーになった。

/etc/yum.repos.d/zabbix-jp.repo
を覗いてみると、zabbix-jpとzabbix-jp-relatedpkgsの両方がenabled=1になってる。

[zabbix-jp]
name=ZABBIX-JP – $basearch
baseurl=http://repo.zabbix.jp/zabbix/zabbix-1.8/rhel6/$basearch/
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-ZABBIX-JP

 <省略>

[zabbix-jp-relatedpkgs]
name=ZABBIX-JP relatedpkgs – $basearch
baseurl=http://repo.zabbix.jp/relatedpkgs/rhel6/$basearch/
enabled=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-ZABBIX-JP
gpgcheck=1

・zabbix-jpの方のbaseurlは存在しない(or 認証が入る)
zabbixサイトのインストール方法では、URLにrelatedpkgsが指定されている。
ということから、zabbix-jp-relatedpkgsの方だけを参照するようにしたら良いのかなということで、zabbix-jpのenabledを0に変更。以下のように。

[zabbix-jp]
name=ZABBIX-JP – $basearch
baseurl=http://repo.zabbix.jp/zabbix/zabbix-1.8/rhel6/$basearch/
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-ZABBIX-JP

 <省略>

[zabbix-jp-relatedpkgs]
name=ZABBIX-JP relatedpkgs – $basearch
baseurl=http://repo.zabbix.jp/relatedpkgs/rhel6/$basearch/
enabled=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-ZABBIX-JP
gpgcheck=1

するとエラーはでなくなりましたとさ。

157月/132

ベトナム - みたび(滞在~帰国編)

7月 15th, 2013

到着初日は前任者が見つけたお店に行ってみた。晩飯を食べに行こうと思ってフラーっと出て、思い立って寄ったので前任者が美味かったと言っていたのがどれか分からなかったので、適当に頼んでみた。が!!、それもめちゃくちゃ美味かった。近いし美味いし、これは良い!!

次の日は現地のお友達とLUNA PUBで久々のピザ+各国のビールを。80万VND(4,000円)ぐらいだったので、ダナンでは豪遊した方かw。

三日目は一度は食してみたかった○○○の肉を食べさせてくれる店に社員が誘ってくれたので行ってみた。どこのパーツか分からない肉や、足の甲の皮膚が付いている肉とかを食べた。まぁまぁかなw。Facebookの友人に愛○家がおられるのでちょっと書きにくいが、、、

四~五日目は会社関係で飲み食い。六日目は久し振りのTULIP。七日目は新しく見つけたSeaFoodレストラン(No.1っていう名前のお店)。

そして問題の八日目である。

今回は日曜日に来て、日曜日に帰るスケジュールにしていたのだが、やはり日曜日は激混み。来る時はまだ良かったが、帰りはノイバイ空港~関空の便(00:05出発)に合わせるダナン空港~ノイバイ空港の便がいずれも満杯。そのため、朝一便とか二便に乗る羽目に。となるとノイバイ空港に10:00前に着くので14時間待ちである。年末に帰国するときも似たような感じで9時間待ちだったが、この時は案件が炎上気味だったのでCafeでノートPC+自前のキーボードでガシガシとコーディングしていたのであっという間の9時間だったが、今回は特にすることもない。タスクがだいぶ積まれているので消化すべくやることはあることにはある。っていうか寧ろたくさんあるw。が、折角ハノイで時間があるのだからと、、、街中に繰り出してみることにした。

そうとなると、行く先とかを自前に調べておきたかったのだが、幸いにも誰かが購入していたベトナムガイとブックにハノイ編もあったのでそれをチェックし、大体の観光スポットを決めた、、、が、ハノイに着いて気が付いたのだが、ホテルにそのガイドブックを忘れてしまったいた。orz

じゃー仕様がないかと、ノイバイ空港にいくつかあるカウンター(待ち時間を利用してツアーをコーディネートしてくれるカウンター、、、もあると思うのだが、私が訪ねたカウンターでは往復の足だけを提供してくれるところだった)で足を確保。90万VND(4,500円)。片道30万VND(1,500円)と聞いていたので、ちょっと割高だが、流しのタクシーを拾うとどっかに連れていかれるケースもありそれなりのCafeでタクシーは呼んでもらえ、とガイドブックに書いてあったのは見ていたので仕様が無いかなと。(でも後でやはり思ったのだが、マイリンタクシーだったら大丈夫と思うのよねー)

市内に着いてからは、カウンターでもらったパンフレットを見ながら適当にぶらぶら。ちょっと遠いところに行く時は緑のマイリンタクシー(ハノイには白いマイリンもある)をチョイスして。行った観光地はFacebookにも写真を投稿しているが、ホーチミン廟 - Lang Chu Tich Ho Chi Minh(ラン・チューティック・ホーチミン)と一柱寺 - Chua Mot Cot(チュア・モッ・コット)。これだけだったのだが、この日の天気は良くめちゃくちゃ暑かったせいもあってか、熱中症気味になってしまった。そこで急遽、そこら辺のホテルにチェックインして4時間ほど休憩した。お陰で随分と回復はしたものの、観光を続ける気にはなれずやや早めに空港に帰った。それでも9時間ほどは潰せた。

空港に帰ってからも体調がイマイチだったので、マッサージを受けたりとマッタリした。(マッサージはふつうのマッサージだった。最後に、、、とちょっと期待もしたのだがw)

帰国後は、いつもなら電車でマッタリと帰るのだが、今回は打ち合わせが入っていたので飛行機で帰ることに。余裕を見て10時の便を予約していたのだが、伊丹に着いたのが8:30だったので9時の便に変更。10時過ぎには自宅に着いていた。こんだけ早いなら次からは飛行機だな。

206月/130

ベトナム - ふたたび(出発前編)

6月 20th, 2013

6月末から1週間ほどベトナムに行くことになった。みたび。
どうせ行くならまた2ヶ月半~3ヶ月ほど行きたいところだが、183日ルールのためにそれはできない。できなくはないだけど、、、ベトナムでも働いているとみなされて所得税がベトナムと日本とで課税されちゃう。

1回目:2012/10/01 ~ 2012/12/23 : 83日間
2回目:2013/01/14 ~ 2013/04/13 : 89日間

この時点で、計172日間。あと11日の猶予はある。

そして今回は以下の期間になる。
3回目:2013/06/30 ~ 2013/07/08 : 8日間

これで残3日。

これまでは
松山<->岡山<->新大阪<->関空<->ハノイ<->ダナン
というコースだったが、今回はLCC(ジェットスター)も運行開始になったし、松山~ダナン間で宿泊なしで行けるか再度調べてみた。

結果、
松山~関空or成田~インチョン~ダナン
であれば宿泊なしでいけるようだ。移動が丸一日になるで、かなり疲れるかもしれないけど。

インチョンでの待ち時間が気になるが、広いし日本語も通じるところが多いらしいし、WiFiも利用できるとのことなので、時間潰しは問題なさそう。(前回、嫁・子供がベトナムに来た特はインチョン経由だったけどiPhoneの充電も問題なかったってことだったし)

でも結局、、、
・インチョン経由だと自宅に戻るのは夕方になる。
いつものコースなら6:40には関空に着くので昼ごろには帰れる。
・ダナンに夜に到着してもコンビニがないから晩飯にありつけない?
空港のCafeは開いていそうだけど。
いつものコースなら夕方には着くので、その日の夜が満喫できるw。
・やはりいつものコースが一番安い。
などなどの理由から、結局いつものコースにした。

166月/132

CentOS5+Monitorix

6月 16th, 2013

自鯖のリソース監視をしてみるかなーと思い立つ。
自鯖はそこそこのスペックだけど、このサイトを上げているWebサーバー、自分のドメインを持つメール、MLシステム、諸事情で上げねばならなかったDNS、ウィルスチェック、MySQLなどなど、そこそこのプロセスが同時稼動しているので、軽量で手軽にセットアップできるものが無いかなと調べてみたら、、、
monitorixなるものを発見。あまり設定方法が記載されたサイトがヒットしなかったが、まぁ簡単なんでしょう、ってことで以下の手順でセットアップしてみた。

1. rpmforgeかepelのリポジトリに無いかなと思って検索してみたら、rpmforgeに存在した。

yum --enablerepo=rpmforge,epel list | grep [Mm]onitorix

2. そしてインストール。

yum --enablerepo=rpmforge install monitorix


・<省略>

============================================================
Package Arch Version Repository Size
============================================================
Installing:
monitorix noarch 2.5.2-1.el5.rf rpmforge 127 k
Installing for dependencies:
libdbi x86_64 0.8.1-2.1 base 37 k
lua x86_64 5.1.4-4.el5 epel 229 k
perl-Email-Date-Format noarch 1.002-4.el5 epel 15 k
perl-MIME-Lite noarch 3.029-1.el5.rf rpmforge 97 k
perl-MailTools noarch 1.77-1.el5.centos extras 91 k
perl-TimeDate noarch 1:1.16-5.el5 base 32 k
perl-rrdtool x86_64 1.4.7-1.el5.rf rpmforge 55 k
rrdtool x86_64 1.4.7-1.el5.rf rpmforge 916 k
ruby x86_64 1.8.5-29.el5_9 updates 279 k
ruby-libs x86_64 1.8.5-29.el5_9 updates 1.6 M
xorg-x11-fonts-Type1 noarch 7.1-2.1.el5 base 1.5 M

Transaction Summary
============================================================
Install 12 Package(s)
Upgrade 0 Package(s)

Total download size: 4.9 M
Is this ok [y/N]: yっとな。

3. vi /etc/httpd/conf.d/monitorix.conf
ひとまず許可するアクセス元のIPを設定(LAN内からと会社からアクセスできるように)。

allow from 127.0.0.1
allow from 192.168.NNN.0/24
allow from GGG.GGG.GGG.GGG/24

4. /etc/init.d/monitorix [start | restart]

5. /etc/init.d/httpd [reload | restart]

6. http://truering.info/monitorix

あー、なんて簡単なんでしょ。

でも、LISTENしているポートの内、HTTPSは表示されてないな。
HTTPSを含め、その他の特殊なポートはカスタマイズが必要な模様。RRDToolあたりを調べたらいいのかな。

眠くなったので本日は終了。

235月/130

CentOS 5 + gitolite : VerUPしたらリポジトリの作成・アクセス権の更新が行えなくなった件

5月 23rd, 2013

自社のgitサーバーをCentOS 5+gitoliteで運用している。gitoliteはepelで提供されているもの。
しばらく気が付かなかったのだが、新しいリポジトリの作成や既存のリポジトリへのアクセス権の変更がうまく行えなくなっていた。
どうやら gitolite-1.5.9.1-2 から gitolite-2.3.1-1 に更新されたことが原因っぽい。それを念頭に置いて対処した内容は以下の通り。

* post-updateのリンク切れ改善
以下のpost-updateのリンクが切れてたので修正。
/var/lib/gitolite/repositories/gitolite-admin.git/hooks/post-update

* .gitolite.rcの修正
yumによるアップデートでだと思うが、.gitolite.rc.new が出来ていたので、それに置き換え&適宜修正。
あとpost-updateの件を修正してcommit & pushを試したら$GL_GITCONFIG_KEYSがどうたらこうたらとエラーになったので、対応方法を調べて以下のように修正した。

[before]
$GL_GITCONFIG_KEYS = “”;

[after]
$GL_GITCONFIG_KEYS = “.*”;

以上で正常動作するようになった。

* 備忘録(気にしないで)


export GL_RC=~/.gitolite.rc
export GL_ADMINDIR=~/.gitolite
export GL_BINDIR=/usr/bin
export GL_REPO=gitolite-admin
export GL_USER=gitolite
export GL_TS=”$y-$m-$d.$h:$min:$s”
export GL_REPO_BASE_ABS=repositories # ここは~/.gitolite.rcの$REPO_BASEに合わせる

201月/130

ベトナム - ふたたび

1月 20th, 2013

年末年始は予定通り帰国していたが、まぁ色々あってふたたびベトナムに来た。

ベトナムでは主にAndroid向けのアプリ開発を行うのだが、ベトナムの会社で保有している携帯端末数が少なく、どうするかなーと思っていたら、どうやら諸事情諸々で日本の会社にP-01Dが20台ぐらいあるってことを聞き、それは是非ベトナムの会社に持って行って使わねば、ってことでトランクや手提げバックやらに分けて入れて持ってきた。

何故分けたかというと、ベトナムではパソコン機器などの電子機器(あってる?)を大量に持ち込めないらしい。特に中古品は駄目らしい。そこで、手荷物をスキャンしても怪しまれない程度に分散させていた、、、つもりなのだがトランクとバックだけなので、10数台もあると5台/5台となり、見つかればそこそこ怪しまれるかなって感じではあった。

そしてハノイのノイバイ空港の税関を通る時、「ちょっと君、こっちへ」的なことを言われて行ったら、手荷物を詳しく調べられ、、、そして当然の如くP-01Dやらが10数台出てきて、「こっち来い」的なことを言われてさらに奥の部屋に連れられていったw。あちゃーって感じであるww。

そこで聞かれたのが「新品か?中古か?」だった。その時は、「特に中古が駄目」ということを忘れていたので、日本的感覚で封を切ったものは中古ってことで「中古!」と話したら「持ち込めない」と。「えーーーーー」って感じであるw。だけど封切った状態の物を見て新品か中古かを聞いてくることはひょっとすると、、、と思い「あー、ごめんごめん、P-01Dは新品だわ」って話したら、「じゃぁ、端末代の20%を税金として(?)払えばOK」とw。どちらにしろ何かは取られるのねーって思ったのだが、持ってきた目的を考えると金を払うしかないかなと。(袖の下費がまかり通っている御国なので、捕まった瞬間、幾ら渡せばいいのかなーとも考えたんだけどw)

支払う金額を最初は「端末代の20% × 10台」と言っていたのだが、日本的諸事情で端末代は無料だったので「じゃー0円ね」、、、っていう日本事情を汲んでくれる訳もなく、、、さらにお金払うなら会社で清算してもらいたいから領収書くれ、、、なんてことも一切通じず、、、そんなこんなを暫くあーだこーだしてたら、じゃー「100USDでいい」ってことになり、日本円で9,000円を支払って(1万札しか持ってなかったので1,000円お釣りねーってw。ちゃんと1,000円のお釣りくれたわw)、ようやく解放されたのであった。

初っ端から痛い出費である。

PS.
端末代の20%云々、領収書云々のくだりは、まったく英語ができない俺にとっては理解し合えない訳で、、、たまたまベトナムの会社で契約していた電話を評価のためにと持って帰っていたので、通訳さんを通しての会話であった。

そうそう、次の帰国は4月中旬!

2710月/121

台風の威力

10月 27th, 2012

日本では、、、いや愛媛では???なかなかお目にかかれない威力です。

Get the Flash Player to see this content.