Archive for the ‘Vietnam’ Category

ベトナム - みたび(滞在~帰国編)

月曜日, 7月 15th, 2013

到着初日は前任者が見つけたお店に行ってみた。晩飯を食べに行こうと思ってフラーっと出て、思い立って寄ったので前任者が美味かったと言っていたのがどれか分からなかったので、適当に頼んでみた。が!!、それもめちゃくちゃ美味かった。近いし美味いし、これは良い!!

次の日は現地のお友達とLUNA PUBで久々のピザ+各国のビールを。80万VND(4,000円)ぐらいだったので、ダナンでは豪遊した方かw。

三日目は一度は食してみたかった○○○の肉を食べさせてくれる店に社員が誘ってくれたので行ってみた。どこのパーツか分からない肉や、足の甲の皮膚が付いている肉とかを食べた。まぁまぁかなw。Facebookの友人に愛○家がおられるのでちょっと書きにくいが、、、

四~五日目は会社関係で飲み食い。六日目は久し振りのTULIP。七日目は新しく見つけたSeaFoodレストラン(No.1っていう名前のお店)。

そして問題の八日目である。

今回は日曜日に来て、日曜日に帰るスケジュールにしていたのだが、やはり日曜日は激混み。来る時はまだ良かったが、帰りはノイバイ空港~関空の便(00:05出発)に合わせるダナン空港~ノイバイ空港の便がいずれも満杯。そのため、朝一便とか二便に乗る羽目に。となるとノイバイ空港に10:00前に着くので14時間待ちである。年末に帰国するときも似たような感じで9時間待ちだったが、この時は案件が炎上気味だったのでCafeでノートPC+自前のキーボードでガシガシとコーディングしていたのであっという間の9時間だったが、今回は特にすることもない。タスクがだいぶ積まれているので消化すべくやることはあることにはある。っていうか寧ろたくさんあるw。が、折角ハノイで時間があるのだからと、、、街中に繰り出してみることにした。

そうとなると、行く先とかを自前に調べておきたかったのだが、幸いにも誰かが購入していたベトナムガイとブックにハノイ編もあったのでそれをチェックし、大体の観光スポットを決めた、、、が、ハノイに着いて気が付いたのだが、ホテルにそのガイドブックを忘れてしまったいた。orz

じゃー仕様がないかと、ノイバイ空港にいくつかあるカウンター(待ち時間を利用してツアーをコーディネートしてくれるカウンター、、、もあると思うのだが、私が訪ねたカウンターでは往復の足だけを提供してくれるところだった)で足を確保。90万VND(4,500円)。片道30万VND(1,500円)と聞いていたので、ちょっと割高だが、流しのタクシーを拾うとどっかに連れていかれるケースもありそれなりのCafeでタクシーは呼んでもらえ、とガイドブックに書いてあったのは見ていたので仕様が無いかなと。(でも後でやはり思ったのだが、マイリンタクシーだったら大丈夫と思うのよねー)

市内に着いてからは、カウンターでもらったパンフレットを見ながら適当にぶらぶら。ちょっと遠いところに行く時は緑のマイリンタクシー(ハノイには白いマイリンもある)をチョイスして。行った観光地はFacebookにも写真を投稿しているが、ホーチミン廟 - Lang Chu Tich Ho Chi Minh(ラン・チューティック・ホーチミン)と一柱寺 - Chua Mot Cot(チュア・モッ・コット)。これだけだったのだが、この日の天気は良くめちゃくちゃ暑かったせいもあってか、熱中症気味になってしまった。そこで急遽、そこら辺のホテルにチェックインして4時間ほど休憩した。お陰で随分と回復はしたものの、観光を続ける気にはなれずやや早めに空港に帰った。それでも9時間ほどは潰せた。

空港に帰ってからも体調がイマイチだったので、マッサージを受けたりとマッタリした。(マッサージはふつうのマッサージだった。最後に、、、とちょっと期待もしたのだがw)

帰国後は、いつもなら電車でマッタリと帰るのだが、今回は打ち合わせが入っていたので飛行機で帰ることに。余裕を見て10時の便を予約していたのだが、伊丹に着いたのが8:30だったので9時の便に変更。10時過ぎには自宅に着いていた。こんだけ早いなら次からは飛行機だな。

ベトナム - ふたたび

日曜日, 1月 20th, 2013

年末年始は予定通り帰国していたが、まぁ色々あってふたたびベトナムに来た。

ベトナムでは主にAndroid向けのアプリ開発を行うのだが、ベトナムの会社で保有している携帯端末数が少なく、どうするかなーと思っていたら、どうやら諸事情諸々で日本の会社にP-01Dが20台ぐらいあるってことを聞き、それは是非ベトナムの会社に持って行って使わねば、ってことでトランクや手提げバックやらに分けて入れて持ってきた。

何故分けたかというと、ベトナムではパソコン機器などの電子機器(あってる?)を大量に持ち込めないらしい。特に中古品は駄目らしい。そこで、手荷物をスキャンしても怪しまれない程度に分散させていた、、、つもりなのだがトランクとバックだけなので、10数台もあると5台/5台となり、見つかればそこそこ怪しまれるかなって感じではあった。

そしてハノイのノイバイ空港の税関を通る時、「ちょっと君、こっちへ」的なことを言われて行ったら、手荷物を詳しく調べられ、、、そして当然の如くP-01Dやらが10数台出てきて、「こっち来い」的なことを言われてさらに奥の部屋に連れられていったw。あちゃーって感じであるww。

そこで聞かれたのが「新品か?中古か?」だった。その時は、「特に中古が駄目」ということを忘れていたので、日本的感覚で封を切ったものは中古ってことで「中古!」と話したら「持ち込めない」と。「えーーーーー」って感じであるw。だけど封切った状態の物を見て新品か中古かを聞いてくることはひょっとすると、、、と思い「あー、ごめんごめん、P-01Dは新品だわ」って話したら、「じゃぁ、端末代の20%を税金として(?)払えばOK」とw。どちらにしろ何かは取られるのねーって思ったのだが、持ってきた目的を考えると金を払うしかないかなと。(袖の下費がまかり通っている御国なので、捕まった瞬間、幾ら渡せばいいのかなーとも考えたんだけどw)

支払う金額を最初は「端末代の20% × 10台」と言っていたのだが、日本的諸事情で端末代は無料だったので「じゃー0円ね」、、、っていう日本事情を汲んでくれる訳もなく、、、さらにお金払うなら会社で清算してもらいたいから領収書くれ、、、なんてことも一切通じず、、、そんなこんなを暫くあーだこーだしてたら、じゃー「100USDでいい」ってことになり、日本円で9,000円を支払って(1万札しか持ってなかったので1,000円お釣りねーってw。ちゃんと1,000円のお釣りくれたわw)、ようやく解放されたのであった。

初っ端から痛い出費である。

PS.
端末代の20%云々、領収書云々のくだりは、まったく英語ができない俺にとっては理解し合えない訳で、、、たまたまベトナムの会社で契約していた電話を評価のためにと持って帰っていたので、通訳さんを通しての会話であった。

そうそう、次の帰国は4月中旬!

台風の威力

土曜日, 10月 27th, 2012

日本では、、、いや愛媛では???なかなかお目にかかれない威力です。

Get the Flash Player to see this content.

ベトナム

土曜日, 10月 6th, 2012

いよいよベトナムへ。

大阪の関空付近で前泊することにしていたが、台風が近づいているということもあり、急遽、さらに前日の9/29に移動することに決めた。関空から飛行機は飛んだが愛媛~大阪間の電車&新幹線が動かずに移動できなかった、という最悪パターンは防ぎたかったので。空路を選択していたら、また面倒なことになっていたかもしれなかったので、陸路を選択しておいて正解だったかも。

しばらく優のドッチボールの練習相手になってやれないのでその練習と、まだ買う必要があった肩掛けバックの購入などをいそいそと済ましJR松山駅へ。いざ出発と電車が動き出したところで、嫁がこちらに向かって叫んでいる。「なに?」と窓の方に耳を傾けると、「車のかぎーーー!!!」とwww。駅まで私が運転してきて鍵をポケットに入れたままだった。そんな様子を見ていた車掌さんが電車を止めてくれて、無事に鍵を渡すことができた。スペアキーがなかったので2か月半もの間、JR松山駅の駐車場に置きっぱなしにするところだったw。ありがとう!JR松山駅の車掌さん!!

その日の晩は妹宅でまったり。子供をてがったり、妹旦那と酒を飲んだり。

次の日は台風が上陸するとのことだったが、チェックインが14時だったのでどうしようかなーとか言っているうちに昼が過ぎ、そろそろ妹宅を出ようかというところで台風もいよいよ接近。軒並み電車が運航停止になっていくなか、なんとかホテルまで辿り着けた。ホテルに着く直前は傘もさせない状態だった。関空とを結ぶ関空線は車も含め通行止めになっていたから関空横(島内)のホテルにしてたらアウトだった。(その場合は、チェックインが遅くても、早めに関空には入ってただろうけど)

そんなこんなで色々あったけど、無事関空から飛行機は飛び立ち、予定通りにベトナム - ダナン入りしたのであった。

ギャラリー (2012/9/29 – 2012/10/21)

Vietnam