Archive for the ‘なんでも’ Category

CentOS6 + zabbix : yum updateしたらrepomd.xmlが404 Not Foundになる件

火曜日, 12月 17th, 2013

サーバーの更新をしようとyum updateしたら、

[root@server yum.repos.d]# yum update
Loaded plugins: downloadonly, fastestmirror, priorities
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: www.ftp.ne.jp
* extras: www.ftp.ne.jp
* updates: www.ftp.ne.jp
http://repo.zabbix.jp/zabbix/zabbix-1.8/rhel6/i386/repodata/repomd.xml: [Errno 14] PYCURL ERROR 22 – “The requested URL returned error: 404 Not Found”
Trying other mirror.
Error: Cannot retrieve repository metadata (repomd.xml) for repository: zabbix-jp. Please verify its path and try again

という感じでエラーになった。

/etc/yum.repos.d/zabbix-jp.repo
を覗いてみると、zabbix-jpとzabbix-jp-relatedpkgsの両方がenabled=1になってる。

[zabbix-jp]
name=ZABBIX-JP – $basearch
baseurl=http://repo.zabbix.jp/zabbix/zabbix-1.8/rhel6/$basearch/
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-ZABBIX-JP

 <省略>

[zabbix-jp-relatedpkgs]
name=ZABBIX-JP relatedpkgs – $basearch
baseurl=http://repo.zabbix.jp/relatedpkgs/rhel6/$basearch/
enabled=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-ZABBIX-JP
gpgcheck=1

・zabbix-jpの方のbaseurlは存在しない(or 認証が入る)
zabbixサイトのインストール方法では、URLにrelatedpkgsが指定されている。
ということから、zabbix-jp-relatedpkgsの方だけを参照するようにしたら良いのかなということで、zabbix-jpのenabledを0に変更。以下のように。

[zabbix-jp]
name=ZABBIX-JP – $basearch
baseurl=http://repo.zabbix.jp/zabbix/zabbix-1.8/rhel6/$basearch/
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-ZABBIX-JP

 <省略>

[zabbix-jp-relatedpkgs]
name=ZABBIX-JP relatedpkgs – $basearch
baseurl=http://repo.zabbix.jp/relatedpkgs/rhel6/$basearch/
enabled=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-ZABBIX-JP
gpgcheck=1

するとエラーはでなくなりましたとさ。

ベトナム - ふたたび(出発前編)

木曜日, 6月 20th, 2013

6月末から1週間ほどベトナムに行くことになった。みたび。
どうせ行くならまた2ヶ月半~3ヶ月ほど行きたいところだが、183日ルールのためにそれはできない。できなくはないだけど、、、ベトナムでも働いているとみなされて所得税がベトナムと日本とで課税されちゃう。

1回目:2012/10/01 ~ 2012/12/23 : 83日間
2回目:2013/01/14 ~ 2013/04/13 : 89日間

この時点で、計172日間。あと11日の猶予はある。

そして今回は以下の期間になる。
3回目:2013/06/30 ~ 2013/07/08 : 8日間

これで残3日。

これまでは
松山<->岡山<->新大阪<->関空<->ハノイ<->ダナン
というコースだったが、今回はLCC(ジェットスター)も運行開始になったし、松山~ダナン間で宿泊なしで行けるか再度調べてみた。

結果、
松山~関空or成田~インチョン~ダナン
であれば宿泊なしでいけるようだ。移動が丸一日になるで、かなり疲れるかもしれないけど。

インチョンでの待ち時間が気になるが、広いし日本語も通じるところが多いらしいし、WiFiも利用できるとのことなので、時間潰しは問題なさそう。(前回、嫁・子供がベトナムに来た特はインチョン経由だったけどiPhoneの充電も問題なかったってことだったし)

でも結局、、、
・インチョン経由だと自宅に戻るのは夕方になる。
いつものコースなら6:40には関空に着くので昼ごろには帰れる。
・ダナンに夜に到着してもコンビニがないから晩飯にありつけない?
空港のCafeは開いていそうだけど。
いつものコースなら夕方には着くので、その日の夜が満喫できるw。
・やはりいつものコースが一番安い。
などなどの理由から、結局いつものコースにした。

CentOS5+Monitorix

日曜日, 6月 16th, 2013

自鯖のリソース監視をしてみるかなーと思い立つ。
自鯖はそこそこのスペックだけど、このサイトを上げているWebサーバー、自分のドメインを持つメール、MLシステム、諸事情で上げねばならなかったDNS、ウィルスチェック、MySQLなどなど、そこそこのプロセスが同時稼動しているので、軽量で手軽にセットアップできるものが無いかなと調べてみたら、、、
monitorixなるものを発見。あまり設定方法が記載されたサイトがヒットしなかったが、まぁ簡単なんでしょう、ってことで以下の手順でセットアップしてみた。

1. rpmforgeかepelのリポジトリに無いかなと思って検索してみたら、rpmforgeに存在した。

yum --enablerepo=rpmforge,epel list | grep [Mm]onitorix

2. そしてインストール。

yum --enablerepo=rpmforge install monitorix


・<省略>

============================================================
Package Arch Version Repository Size
============================================================
Installing:
monitorix noarch 2.5.2-1.el5.rf rpmforge 127 k
Installing for dependencies:
libdbi x86_64 0.8.1-2.1 base 37 k
lua x86_64 5.1.4-4.el5 epel 229 k
perl-Email-Date-Format noarch 1.002-4.el5 epel 15 k
perl-MIME-Lite noarch 3.029-1.el5.rf rpmforge 97 k
perl-MailTools noarch 1.77-1.el5.centos extras 91 k
perl-TimeDate noarch 1:1.16-5.el5 base 32 k
perl-rrdtool x86_64 1.4.7-1.el5.rf rpmforge 55 k
rrdtool x86_64 1.4.7-1.el5.rf rpmforge 916 k
ruby x86_64 1.8.5-29.el5_9 updates 279 k
ruby-libs x86_64 1.8.5-29.el5_9 updates 1.6 M
xorg-x11-fonts-Type1 noarch 7.1-2.1.el5 base 1.5 M

Transaction Summary
============================================================
Install 12 Package(s)
Upgrade 0 Package(s)

Total download size: 4.9 M
Is this ok [y/N]: yっとな。

3. vi /etc/httpd/conf.d/monitorix.conf
ひとまず許可するアクセス元のIPを設定(LAN内からと会社からアクセスできるように)。

allow from 127.0.0.1
allow from 192.168.NNN.0/24
allow from GGG.GGG.GGG.GGG/24

4. /etc/init.d/monitorix [start | restart]

5. /etc/init.d/httpd [reload | restart]

6. http://truering.info/monitorix

あー、なんて簡単なんでしょ。

でも、LISTENしているポートの内、HTTPSは表示されてないな。
HTTPSを含め、その他の特殊なポートはカスタマイズが必要な模様。RRDToolあたりを調べたらいいのかな。

眠くなったので本日は終了。

ベトナム - ふたたび

日曜日, 1月 20th, 2013

年末年始は予定通り帰国していたが、まぁ色々あってふたたびベトナムに来た。

ベトナムでは主にAndroid向けのアプリ開発を行うのだが、ベトナムの会社で保有している携帯端末数が少なく、どうするかなーと思っていたら、どうやら諸事情諸々で日本の会社にP-01Dが20台ぐらいあるってことを聞き、それは是非ベトナムの会社に持って行って使わねば、ってことでトランクや手提げバックやらに分けて入れて持ってきた。

何故分けたかというと、ベトナムではパソコン機器などの電子機器(あってる?)を大量に持ち込めないらしい。特に中古品は駄目らしい。そこで、手荷物をスキャンしても怪しまれない程度に分散させていた、、、つもりなのだがトランクとバックだけなので、10数台もあると5台/5台となり、見つかればそこそこ怪しまれるかなって感じではあった。

そしてハノイのノイバイ空港の税関を通る時、「ちょっと君、こっちへ」的なことを言われて行ったら、手荷物を詳しく調べられ、、、そして当然の如くP-01Dやらが10数台出てきて、「こっち来い」的なことを言われてさらに奥の部屋に連れられていったw。あちゃーって感じであるww。

そこで聞かれたのが「新品か?中古か?」だった。その時は、「特に中古が駄目」ということを忘れていたので、日本的感覚で封を切ったものは中古ってことで「中古!」と話したら「持ち込めない」と。「えーーーーー」って感じであるw。だけど封切った状態の物を見て新品か中古かを聞いてくることはひょっとすると、、、と思い「あー、ごめんごめん、P-01Dは新品だわ」って話したら、「じゃぁ、端末代の20%を税金として(?)払えばOK」とw。どちらにしろ何かは取られるのねーって思ったのだが、持ってきた目的を考えると金を払うしかないかなと。(袖の下費がまかり通っている御国なので、捕まった瞬間、幾ら渡せばいいのかなーとも考えたんだけどw)

支払う金額を最初は「端末代の20% × 10台」と言っていたのだが、日本的諸事情で端末代は無料だったので「じゃー0円ね」、、、っていう日本事情を汲んでくれる訳もなく、、、さらにお金払うなら会社で清算してもらいたいから領収書くれ、、、なんてことも一切通じず、、、そんなこんなを暫くあーだこーだしてたら、じゃー「100USDでいい」ってことになり、日本円で9,000円を支払って(1万札しか持ってなかったので1,000円お釣りねーってw。ちゃんと1,000円のお釣りくれたわw)、ようやく解放されたのであった。

初っ端から痛い出費である。

PS.
端末代の20%云々、領収書云々のくだりは、まったく英語ができない俺にとっては理解し合えない訳で、、、たまたまベトナムの会社で契約していた電話を評価のためにと持って帰っていたので、通訳さんを通しての会話であった。

そうそう、次の帰国は4月中旬!

台風の威力

土曜日, 10月 27th, 2012

日本では、、、いや愛媛では???なかなかお目にかかれない威力です。

Get the Flash Player to see this content.

ベトナム

土曜日, 10月 6th, 2012

いよいよベトナムへ。

大阪の関空付近で前泊することにしていたが、台風が近づいているということもあり、急遽、さらに前日の9/29に移動することに決めた。関空から飛行機は飛んだが愛媛~大阪間の電車&新幹線が動かずに移動できなかった、という最悪パターンは防ぎたかったので。空路を選択していたら、また面倒なことになっていたかもしれなかったので、陸路を選択しておいて正解だったかも。

しばらく優のドッチボールの練習相手になってやれないのでその練習と、まだ買う必要があった肩掛けバックの購入などをいそいそと済ましJR松山駅へ。いざ出発と電車が動き出したところで、嫁がこちらに向かって叫んでいる。「なに?」と窓の方に耳を傾けると、「車のかぎーーー!!!」とwww。駅まで私が運転してきて鍵をポケットに入れたままだった。そんな様子を見ていた車掌さんが電車を止めてくれて、無事に鍵を渡すことができた。スペアキーがなかったので2か月半もの間、JR松山駅の駐車場に置きっぱなしにするところだったw。ありがとう!JR松山駅の車掌さん!!

その日の晩は妹宅でまったり。子供をてがったり、妹旦那と酒を飲んだり。

次の日は台風が上陸するとのことだったが、チェックインが14時だったのでどうしようかなーとか言っているうちに昼が過ぎ、そろそろ妹宅を出ようかというところで台風もいよいよ接近。軒並み電車が運航停止になっていくなか、なんとかホテルまで辿り着けた。ホテルに着く直前は傘もさせない状態だった。関空とを結ぶ関空線は車も含め通行止めになっていたから関空横(島内)のホテルにしてたらアウトだった。(その場合は、チェックインが遅くても、早めに関空には入ってただろうけど)

そんなこんなで色々あったけど、無事関空から飛行機は飛び立ち、予定通りにベトナム - ダナン入りしたのであった。

ギャラリー (2012/9/29 – 2012/10/21)

Vietnam

稲刈り

火曜日, 9月 4th, 2012

今年も稲刈りの季節がやってきた。今年は実家方面は雨ばかりで、稲が倒れまくり。枯れっかれで、収穫できなそうな稲もチラホラ。そんな状態なのでなる早やで借りたかったので、土曜日に刈ることにしていたのだが、土曜・日曜ともに微妙な天気。昼から雨予報。日曜日も同じような予報なので、金曜日の仕事がまぁまぁ遅かった割りに、早めの起床&帰省。流石に今回は高速使って時間短縮で。8:30に自宅を出発。ほぼ10時だったので1時間30分か。以前、Facebook友人から聞いていたのだが、気持ち遅かったぐらいで、ほぼ予想通り。早くなったなぁ。あの峠を飛ばして帰れなくなったのはちょっと寂しい気もするけど。

実家到着後、即コンバイン始動して、稲刈りを開始。すると間もなく、コンバインの中からガラガラと嫌な音が。さらに脱穀した直後のもみ米がコンバインの脇からぽろぽろ落ちて、なかなか袋に溜まらない。ガラガラという音も次第に大きくなり続ける訳にはいかない状態になってきた。そこで業者の人を呼んだら、内部の部品がひん曲がって、それが原因で音が出ていたことが判明。通常はこんなことにならない部品だが、ネズミが沢山ものを運び込むので、それがひん曲がる原因になったのかなぁ~と。すぐには直せないってこことで、一旦持ち帰ることになり、この日の稲刈りは終了。これなら潜りに行っとけば、、、とも思ったが、日曜日に判明していたとしたら、稲刈りそのものが来週に持ち越しになっていたので、土曜日の内に分って良かったといえば良かった。(持ち帰ってもらった時点では、日曜日までに直るかは不明だったのだが)

代わりに前回の草刈り時に刈れなかった草を刈り、その日(土曜日)は終了。

心配だったコンバインは日曜日の9:30には届き、無事稲刈りを再開することができた。露払いやら、倒れた稲の中で収穫できそうな稲を起こしたりした後、本格的な稲刈り再開。日曜日も天気予報が微妙(雲がやや多いかなぐらいで、日差しはあったのだが)ということで、昼飯も食べずに稲刈りを続けて、13:30には終了。そして使い終わったコンバインの掃除やら、刈った後のもみ米を乾燥業者に持ち込んで一息ついたところで、ザァーーーーーーーーっと雨がw。いやぁ~、ほんと急いで刈っといて良かったw。

収穫量も、去年より3袋ぐらい少なかったけど、お袋と俺ら家族が1年間、食べる量は確保できたので一安心。さて!来年も頑張るぞぉ~!!

cronと改行コード(CR+LF)

木曜日, 8月 16th, 2012

ハマったので。

cronで定期的に実行する内容をcrontabファイルに記載している。
/etc/cron.d配下にファイルを配置したり、/etc/crontabに行を追加して利用する場合は、誰でも見やすい場所にあるので誰でも気が付きやすいが、ユーザー毎にcrontab -eで設定を行うと、どのユーザーで設定を行ったのかを把握していないとなかなか気が付かない。特に複数のユーザーが開発を行っているような環境では。

そこで、gitの対象となるファイル群の一部としてreadme.txt + crontab.txtを作成し、その辺りが誰でも分かるようにしていた。
これまでは、crontab.txtはLinux環境に合せて改行コードもLFだったのだが、何かの拍子(まぁWindows環境で編集したタイミングではあるんだろうけど)にCR+LFに切り替わっていた。

それを気が付かずに、別担当者がcrontab.txtの内容をターミナルソフト(多分Putty)でコピー&ペーストしたため、crontabの改行コードもCR+LFになっていたようだ。

これが原因で、、、
・crontabに記載しているshが呼ばれない。
・呼ばれない原因が、shファイル?shファイル内に記載しているディレクトリ?ファイル?が見つからないエラーになっている。(っぽい)
のような事象になっていた。

↑で「っぽい」と書いたのは、以下の理由により原因がはっきりしなかったため。

crontabに記載していたのは以下の内容だった。
—–
*/15 * * * * sh /xxx/xxx/xxx/xxx/xxx/backup.sh
—–

Linux上のローカルユーザー宛てにメールが飛んできていたので、エラー内容を確認するも、
—–
No such file or directoryup.sh
—–
と訳が分からないエラーになっていた。このため、shファイルが無い?shファイル内に記載しているディレクトリ?ファイル?が無い???と悩んでいた。

その後、色々と調べた結果、改行コードが以下のようになっていたことが判明した。
—–
*/15 * * * * sh /xxx/xxx/xxx/xxx/xxx/backup.sh[CR][LF]
—–

CRが影響して、
・backup.shを backup.sh[CR] として認識していたっぽい。
・エラーメッセージの改行がおかしくなる。
となり上記のような事象となっていたようだ。

メッセージも本来(shファイルが見つからない場合)であれば、
—–
/xxx/xxx/xxx/xxx/xxx/no_exists_backup.sh: No such file or directory
—–
となっていたと思われる。

あと、shファイル内に記載しているディレクトリかファイルが存在しないのかをチェックするために、shファイル内にecho “START”といった感じでecho文を埋めまくったのだが、これもCRの影響でかうまく表示されてなかった。(CRを除去すると、これもうまく表示されるようになった)

さらに、初期のcrontab -eで改行コードがCR+LFになっていると、以降の編集ではLFにすることができなかった。
これは、
1.crontab -eで、一旦、全行削除。
2.LFに変換したcrontab.txtの内容をコピー&ペースト。
とやっても、改善されなかったため。

1.crontab -eで、一旦、全行削除し、保存終了(:wq)。
2.LFに変換したcrontab.txtの内容をコピー&ペースト。
とすると、ようやく改善された。

あとで気が付いたのだが、crontab -e後の画面下部に

—– 改行コードがCR+LFの場合
“/tmp/crontab.XXXXmZuzWz” [dos] 2L, 98C

—– 改行コードがLFの場合
“/tmp/crontab.XXXXmZuzWz” 2L, 98C

といった感じで、[dos]が出るかどうかでも判断できるみたい。

viで改行コードがCR+LFになっているファイルを開くと行の末尾に^Mが表示される場合があるが、今試してみる限りでは表示されない。
これが表示されるともっと早くに気が付いたと思うのだが、、、どういう場合にでるんだったっけ???

四万十楽舎

水曜日, 8月 15th, 2012

8/13 ~ 8/14に、四万十楽舎に遊びに行ってきた。

四万十楽舎とう名前は初めて聞いたのだが、場所的にあの建物かなーと思っていたら、その通りだった。その建物というのが、昔よく手長エビを捕りに来ていた場所の近くにあった小学校。四万十楽舎とは廃校となった小学校を改築した宿泊施設だった。

前週の中頃の天気予報では雨予報でどうなるか心配だったけど、8/13は運よく晴れた。8/14は小雨がぱらつく程度で、四万十川で泳いだり魚釣りをする分には問題がなかった。実家に帰って知ったのだが、他の県では記録的豪雨で災害に見舞われていたようだが、こちらは全然大したことがなくて良かった。

8/13は、四万十楽舎からちょっと戻った場所にある岩間沈下橋で泳いだ。橋の上から水面まで4mぐらいだったので優に飛び込ませるにはよい高さかなってことで。優はびびりながらも、飛び込むことはできた。終始、腰が引けた感じで飛び込んでいたがw。私も以前なら、こういうのはぜんぜん平気だったのだが、飛び込む瞬間のフワリとした感覚がすごーーく嫌な感じだった。それでも、童心に返り飛び込みまくったのだがw。最後までその感覚は消えなかったなー。

  

そうそう、このブログを見てこの沈下橋まで泳ぎに行くって人は回りに居ないけど、沈下橋を支える柱に鉄の棒(人の手で除去できるレベルのものではない)が引っかかっており、その上に飛ぶ込むと危ないので、柱と柱の間から飛んだほうが良い。怖がる人が、より低い位置で飛ぼうとすると、ちょうど柱の上から飛び込むことになる造りになっているのよね。路面から一段下に降りれる構造と言えば良いだろうか。

夕方は楽舎の下で魚釣り。入れ食い状態でハヤ(カワムツ)、イダ(ウグイ)、アイカワ(これは食べてもまずいという印象だったので即放流)が釣れた。あとは見慣れない魚が釣れた。釣った魚は楽舎で揚げてもらえるとのことで、その日の夜ご飯の一品となったw。
ハヤは小学校の時のイベントで食べたっきりだった。それなりの味で以降、食べる気にはならなかったw。久し振りに食べてみたけど、やっぱそれなりw。見慣れない魚は小さかったので頭以外をバリバリと食べることができ、なかなかおいしかった。(今、ネットで調べてみるけど、これ!っていうのが見つからない。ボラかキンブナか???って感じ。でも、河口から随分離れているのでボラではないだろうから、やっぱキンブナ???)

8/14は小雨だったけど、優と川エビを捕るために楽舎の下の川で泳いだ。
が、昔とは違って川原にエビが住めそうなポイントがなかったので、一匹も見かけることができず。今頃は、やはり捕れる場所をしっていないと、捕るのが難しいのかなという印象。

その後(8/14の午後 ~ 8/15の午前中)は、実家に帰って草刈をした。時間が無いため、草刈り機を左右にぶんぶん振り回したので、腰がちょっと、、、

須ノ川公園の海水浴場

火曜日, 7月 17th, 2012

須ノ川公園の海水浴場に行ってきた。波打ち際から10mほど沖に出たらサンゴが見えるのでシュノーケリングを楽しめるってことで。

前日から実家に帰省し稲を植えていない田んぼを耕してたりしてたので、実家からとなるが1時間ちょいで着いた。松山からだと、宇和島を越した津島近辺まで行けるので2時間ぐらいで行けるだろうか。以前だと3時間近くかかっていたと思うので随分近くなったものだ。

砂浜かと思いきや結構ゴツゴツとした石の海水浴場だったが、丸い石ばかりだったので裸足でも問題ないかな。特にサンゴが居そうな岩場辺りは小粒な石だったし。

須ノ川海水浴場

海に入った早々、岩の間にタコ発見。狩猟なしのシュノーケリングを想像していたので道具は一切なし。打ち上げられていた竹で突こてみたりと粘ってみたが、どうにもならず断念。

その後はプカッ~と波に漂いながらサンゴ眺めたり、優に潜り方(耳抜きとか)を教えたりしながら、マッタリとシュノーケリングを楽しんだ。さて、上がって帰るかというタイミングで石の下に隠れているタコを発見。優にも潜らせて見せた後、石を剥ぐって手掴みでゲット。剥ぐれる程度の石の下に隠れているタコだったので、小ぶりなタコだった。

帰宅後は、久し振りに自宅のミニデッキでBBQ。タコもおいしく頂きました。

BBQ