201月/130

ベトナム - ふたたび

年末年始は予定通り帰国していたが、まぁ色々あってふたたびベトナムに来た。

ベトナムでは主にAndroid向けのアプリ開発を行うのだが、ベトナムの会社で保有している携帯端末数が少なく、どうするかなーと思っていたら、どうやら諸事情諸々で日本の会社にP-01Dが20台ぐらいあるってことを聞き、それは是非ベトナムの会社に持って行って使わねば、ってことでトランクや手提げバックやらに分けて入れて持ってきた。

何故分けたかというと、ベトナムではパソコン機器などの電子機器(あってる?)を大量に持ち込めないらしい。特に中古品は駄目らしい。そこで、手荷物をスキャンしても怪しまれない程度に分散させていた、、、つもりなのだがトランクとバックだけなので、10数台もあると5台/5台となり、見つかればそこそこ怪しまれるかなって感じではあった。

そしてハノイのノイバイ空港の税関を通る時、「ちょっと君、こっちへ」的なことを言われて行ったら、手荷物を詳しく調べられ、、、そして当然の如くP-01Dやらが10数台出てきて、「こっち来い」的なことを言われてさらに奥の部屋に連れられていったw。あちゃーって感じであるww。

そこで聞かれたのが「新品か?中古か?」だった。その時は、「特に中古が駄目」ということを忘れていたので、日本的感覚で封を切ったものは中古ってことで「中古!」と話したら「持ち込めない」と。「えーーーーー」って感じであるw。だけど封切った状態の物を見て新品か中古かを聞いてくることはひょっとすると、、、と思い「あー、ごめんごめん、P-01Dは新品だわ」って話したら、「じゃぁ、端末代の20%を税金として(?)払えばOK」とw。どちらにしろ何かは取られるのねーって思ったのだが、持ってきた目的を考えると金を払うしかないかなと。(袖の下費がまかり通っている御国なので、捕まった瞬間、幾ら渡せばいいのかなーとも考えたんだけどw)

支払う金額を最初は「端末代の20% × 10台」と言っていたのだが、日本的諸事情で端末代は無料だったので「じゃー0円ね」、、、っていう日本事情を汲んでくれる訳もなく、、、さらにお金払うなら会社で清算してもらいたいから領収書くれ、、、なんてことも一切通じず、、、そんなこんなを暫くあーだこーだしてたら、じゃー「100USDでいい」ってことになり、日本円で9,000円を支払って(1万札しか持ってなかったので1,000円お釣りねーってw。ちゃんと1,000円のお釣りくれたわw)、ようやく解放されたのであった。

初っ端から痛い出費である。

PS.
端末代の20%云々、領収書云々のくだりは、まったく英語ができない俺にとっては理解し合えない訳で、、、たまたまベトナムの会社で契約していた電話を評価のためにと持って帰っていたので、通訳さんを通しての会話であった。

そうそう、次の帰国は4月中旬!

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です