2810月/140

クライアント側でKeepAliveを設定していてもSSHの接続が時々切れる件

とあるサーバーへのSSHの接続が時々切れる。無通信状態になったからという訳でもなく、ガシガシと使っている時でもブツッと。色々調べてみてもヒットするのはクライアント側のKeepAliveの設定の話だけだったのだが、ふとした拍子にNAT環境下ではルーターのセッション数制限に到達して切れることがあるという記事を見つけた。

[ルーター] -> [グローバルサーバー(接続対象)]

事象が発生する環境は上記のような構成で、ルーターではNAT/マスカレード機能は利用していたのだが、SSHで接続する対象サーバーはグローバルサーバーだったので関係なさそうではあったのだが、ルーターのNATのセッション数に関する設定を調べ試してみた。(ちなみにルーターはYAMAHAのRTX1200)

---- 従来(デフォルト)
nat descriptor timer 1 900
nat descriptor timer 1 tcpfin 60

* 指定無しの場合は、上記と同意。

---- 変更後
nat descriptor timer 1 120
nat descriptor timer 1 tcpfin 3

TCPのFINは接続の終了を示すので短くても良いよね、ってことで3秒程度にしてみた。
ブチブチ切れていたのが、ここ6時間ほどはキープできている。

Tags: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です